白トマトのTOKYO勤め

社会人一年目の女性。HSP、読書やアニメ(少年ジャンプから純文学まで。)

マーケティング思考

経理部からマーケティング部に異動してからちょうど3ヶ月が経ちました。
最近はtableauというBIツール利用を広めようと、社内にどんなデータがあるかヒアリング調査をかけています。
結果から、tableauでレポート作成する案件を決めそのサポートをします。今から楽しみです。

マーケティングの思考について、気づきメモします。
============================================================
・『定量分析の教科書』p.11
分析の本質は「比較」
Where:どこに問題があるか(上手くいったときと、上手くいかなかったときの比較)
Why:どうして問題が起きたのか(比較から、原因を見つける)

→(感想)課題解決思考だ。
・ちょうど今週、プレセナ社の課題解決セミナーに参加しました。
What:問題の定義
Where:問題がどこにあるか
Why:問題の深掘り
How:対策

→(感想)Whyの深掘り難しいなあ。
・Whyの深掘りの実例
▼「データ分析は難しくない」by Microsoftコラム
http://bi.pasona.co.jp/column/introduction-to-analysis-in-power-bi-data-analysis-is-not-difficult

============================================================
チームのリーダーに、課題決セミナー行きましたと話したら、
すぐ復習すると良いよ!とアドバイスいただきました。
今参加させていただいているPJで、自分でもこの思考を使うし、
先輩方が使っている!というのを観察してみます。

※おまけ

プレセナ社のセミナーのノウハウが詰まった一冊。
問題解決――あらゆる課題を突破する ビジネスパーソン必須の仕事術
https://www.amazon.co.jp/%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B1%BA%E2%80%95%E2%80%95%E3%81%82%E3%82%89%E3%82%86%E3%82%8B%E8%AA%B2%E9%A1%8C%E3%82%92%E7%AA%81%E7%A0%B4%E3%81%99%E3%82%8B-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%BF%85%E9%A0%88%E3%81%AE%E4%BB%95%E4%BA%8B%E8%A1%93-%E9%AB%98%E7%94%B0-%E8%B2%B4%E4%B9%85/dp/4862761240

人を見極める

ご無沙汰です。白トマトです。

ここ1か月は、異動先の上司との関係が悩みの種でした。

上司からいじめ?を受けていたのです。

私(社会人2年目)を、女の先輩(社会人5年目)と比べ、

MTGで先輩にだけ「ここまで分かった?」と聞いたり。

質問をすれば、先輩に対しては笑顔でいいよいいよ!と答え、

私に対しては「教えてほしいんですか」と真顔。

コミュニケーションは成り立ったものではありませんでした。

 

こういった状態になって驚きました。上司の態度が豹変するまでは、よく面倒を見ていただいていたのです。

ある日を境に、急に優しさが消滅しました。

 

 

そして、その上司から、ヘッドハンティングされ退職することになった、と

聞かされました。配属されてから1か月。で退職する上司。

 

前配属の偉い方は、人間関係に対して「ま、色んな人がいるからなー」とおおらかにとらえていました。それに倣うのならば、「色んな人が、色んな事情があるからなー」といったところなのでしょうか。

私はまだまだこれから、人の見極め方を学ぶんだなあ、と思いました。

 

私はとりあえず、この1か月で疲れているので、今週はのんびり仕事をして

気力を回復します。

 

 

 

4月は怒涛の忙しさ

ご無沙汰しています、白トマトです。

最後に更新した時からバタバタと忙しい日々でした。

まず、部署が異動しました。5月から新しい部署で働きます。

それまで4月中は経理部で働いています。

3月決算って、恐ろしいですね。

初めてということもあって、あらゆるスケジュールが読めない。

常に何かやることに追われていて、バッファを持って動くなんてことはできませんでした。

 

でもそれもだいぶ落ち着いて、読書を再開しています。

今は川端康成の雪国を読んでいます。

女性の描写が艶めかしくて、女の私が読むと照れくさくて同時にぞっとします。

同じ世界でも同じ出来事でも、人によってまったく違うフィルターを通って見られるのだと、

文学は痛感させてくれます。

 

 

遠藤周作「沈黙」「海と毒薬」「白い人・黄色い人」

北杜夫と並んで好きな作家が、遠藤周作です。

ストーリーは何とも暗いものが多いですが、

人の心の描写がとても美しいです。何度も読み返したくなります。

 

遠藤周作は、「日本人」というその国民性にスポットライトを当てています。

「日本人が信じるキリスト教」「罪の意識なく人体実験をする日本人」

私は1年間ニュージーランドに留学をし、1年間教会に通ったので、

確かに日本人の国民性の特殊さを感じました。

日本人は「絶対的な一個の存在(キリスト)」「絶対的な価値観(たとえば、神から授かった命は決して自ら断ってはいけない)」より、全体の和を大切にするのかもしれない。だから多様性を重んじる。けれど、多様性というのは倫理観の欠如と紙一重なようにも思います。「コレだけはやっちゃいけない」という決まりがどうしても少なくなるからです。

それが罪の意識なく人体実験をする日本人を想起させもします。

 

私は社会人一年目で、会社に毎日通っています。

一つ隣の課の先輩が、心に汚い思いを潜めながら笑顔を作っているのが分かります。

ある人が、失敗した人に優越感を感じながらフォローに入っているのを感じます。

私はそれを毎日感じるだけで、苦しいです。

ふと、「海と毒薬」のラストの文章を思い出します。

 

『勝呂にはできなかった。できなかった……。』

 

罪を罪と感じることができなくて苦しむ人、

罪を罪と感じて苦しむ人。

 

私は両方を受け入れられるような大きな器を持てる人間になれればよいのですが。

私は後者の人間で、ただ苦しんでいるだけの状態です。

OJTから言われるつらい言葉ベスト3

こんにちは、白トマトです。

長い正月休みが明けて、会社がまた始まりましたね!

この1週間は正月ボケで、仕事がたるかったですねー。

先輩と「正月ボケ直らないねー」とぼやきながら、お仕事はきちっとしました。

きちっと定時にも帰りましたが。だって疲れたry

 

今回はタイトル通り、

OJTから言われるつらい言葉ベスト3です。

OJTは4つ上の先輩で、責任感が強くしっかりしている方です。それでいて悩みごともよく聞いてくださって、個人的にとても慕っています。

うちの会社ではOJT期間は入社半年間で、すでにOJT期間は終わっています。でも、引き続き業務の引き継ぎ、あるいは私から相談しにいく、などでいまだに1週間に一度は指導を受けています。

つらいと言っても、私を本気で育てようとしてくださるからこその言葉なのですが、

返答に詰まる言葉なのです。そして私の返答が納得いくものでないと、指導は終わらない・・・・。

 

第3位

「ステータスどこなの?」

質問しにいくと大概言われていた言葉。私は職種が経理なのですが、「作業の全体像を把握して、段階分けする。そして今自分がどこにいるのか伝えて。」とおっしゃいます。

それ、作業の意味全部分かってないと難しいよ。経理なんて言葉すべて暗号みたいなのに・・・・!

 

第2位

「どうしてこれができなかったか、理由把握できてる?」

経理は現場からもらったエクセルデータを一つのシステムに送る処理をするのですが、よくエラーが出ます。自分では処理できないので先輩に聞くのですが、その時言われます。

え、それ把握できてたら聞きに来ていない・・・。でも、「丸投げは絶対にダメ」とおっしゃるのが正論です。果敢に、「こういう理由だと思っているのですが・・・」というと「違う。ここの部分がまだ理解できてないみたいだね?」、と新しい課題が次々出てきます。

すいません出直してきますもう帰りたい。

 

第1位

「『本当に』分かってる?」

鬼門。

すべての処理において、私が作業背景、処理の手順、関係者の把握ができているか確認されます。一度など、15分で終わる処理の引き継ぎに2時間かかりました。

『本当に』分かってます!と答えられる日はきっと、来ないです。ええ。

 

「OJTにそこまで言われて、悔しくないの?」と職場の偉い方から聞かれたことがあります。というのも、私が初めて議事録書いたときは「これで読み手が本当にわかると思う?」とその場で15か所位指摘されました。挨拶が笑顔ではきはきとできていないときも、「できてると思ってるでしょ?」との直球なお言葉。週二回の面談では、私の弱みをざくっとえぐりとってくる指摘をよくされました。

悔しいというより、辛かったです。でも職場では辛いことは隠しています。

強がりです。笑

OJTからの指摘は正論で、そのOJT仕事ができる。

この事実が、シンプルに響くんですよね。指導された通り、日々行動しています。

 

明日もOJTからの引き継ぎだー会社休もっかな

 

アンダーテール(under tale)Gルートプレイ中

こんにちは。白トマトです。

この三連休は、昨日の夜高校の友達とご飯を食べた以外は引きこもってます。

undertaleをプレイするためです!!

 

undertaleとは。↓にこにこ大百科

http://dic.nicovideo.jp/a/undertale

シューティング型のパソコンRPGです。

ちまたでは大人気、2015年のゲームランキングのタイトルを占拠しています。

 

このゲームにはエンディングが3つありまして、今私は3つ目のジェノサイドルートをプレイしています。不吉な名前通り、中身も結構えぐいです。本来ならプレイヤーが正義のはずなのに、完全に敵が善、プレイヤー悪です。しかも3つ目のルートは敵が、強い。やっぱ正義は強い。

 

くじけそうですが、できる限りは頑張ります。

動画には流れないぞ・・・!

 

 

会社はじめ

こんばんは。白トマトです。

多くの方は今日から勤務開始かと思います。

私はたまたま明日からスタートです。今日で、7日間の年末年始の休みを終えます。

体も気持ちもだらけているので、少しリハビリしようと1時間くらい家の周りを歩いてきました。太陽の日が暖かくて優しく、気持ちよかったです。

 

7日間の過ごし方は、会社の同期と鍋で忘年会、大学の友達と初詣、

残りの時間は読書でした。

今はちょうど、「ゲド戦記」の第一巻を読んでいます。魔法使いになる一人の少年の物語で、映画化されたのでご存じの方も多いかと思います。私は、本書を初めて読んだのが小6の時でした。

今部屋でひとり、体を丸めて活字を追っていると、自分が小学生に戻ったかのように感じます。土曜の昼下がりに図書館に出かけて、夕飯になるまでソファー一席に陣取って読みふけっていたものです。物語に夢中でページをめくることがもどかしく感じたり、登場人物の性格の味わい深さに思わず口元を緩めたり。物語と自分の感情を同化させるところなど、自分は何も変わっていないなと思います。

明日からまた仕事。つらい気持ちをまた少し抱える毎日になるけども、とにかく1年目を乗り越えられれば、と思います。

 

みなさま、仕事一日目、お疲れ様でした!